ニュースNews
ニュースリリース
2017年11月16日
株式会社第一興商
NTTコミュニケーションズ株式会社

第一興商とNTT Comが新たなスポーツ観戦スタイル
「グループビューイング」の共同実証実験を開始

~カラオケルームを活用し、仲間と喜びや感動を共有する空間を創造~

 株式会社第一興商(本社:東京都品川区、代表取締役社長:保志 忠郊、以下 第一興商)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)は、NTT ComがICT基盤を提供している第一興商のカラオケルーム ビッグエコーを活用し、新たなスポーツ観戦スタイルとして、ファンが集まり一緒に観戦する「グループビューイング」の共同実証実験を開始します。

1.背景

 現在、スポーツ観戦においては、スタジアムに足を運び、現地でライブ観戦することに加えて、対戦相手のスタジアムで開催する試合を、ホームスタジアムなどのスクリーンに映して観戦するパブリックビューイングが広まっています。しかしながら、仕事などでスタジアムに行くことができないファンや、遠方に住んでいるため故郷のチームを観戦できないファンも数多くいます。

 第一興商とNTT Comは、企業の働き方改革・生産性向上に向けた取り組みとして、ビッグエコーのカラオケルームをワークスペースとして開放する共同実証実験を行いました。その結果を踏まえて、今年4月より新サービス「ビジネスプラン」を首都圏の店舗で開始し、9月からは導入店舗を全国の主要ビジネスエリアに拡大しました。

 さらに両社は、この取り組みを活かし、同郷の人々や同じチームを応援する仲間が集まり、自宅や職場近くのビッグエコーでスポーツを観戦する「グループビューイング」を検討してきました。

2.実証実験の概要

 NTT Comが第一興商の業務用通信カラオケDAM用に提供しているネットワークを活用し、「DAZN(ダ・ゾーン)※1」が配信する試合中継を大画面モニターに投影することで、ビッグエコーのパーティールームを「グループビューイング」のスペースとして提供します。

 第1弾として、Jリーグ J2に所属するカマタマーレ讃岐のファンや、首都圏在住の香川県出身者が集まり、今シーズン最終戦を観戦するイベントをビッグエコー新橋烏森口店で開催します。

 両社は、「グループビューイング」を通じて、仲間が集まり観戦することで喜びや感動を共有する空間を創造します。また、都心で暮らしている同郷の人々が、故郷のチームを一緒に観戦することで、故郷の情報交流の場としても活用できると考えています。

<カマタマーレ讃岐 「グループビューイング」イベント概要>
  • (1)試合概要
    明治安田生命J2リーグ 第42節(最終戦)
    カマタマーレ讃岐 vs 名古屋グランパス
  • (2)日程
    2017年11月19日(日)16時キックオフ
  • (3)会場
    ビッグエコー新橋烏森口店
  • (4)協力
    公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
    株式会社カマタマーレ讃岐
    Perform Investment Japan株式会社

3.株式会社カマタマーレ讃岐 代表取締役社長 山下 幸男氏からのコメント

 「グループビューイング」の実証実験第1弾に、カマタマーレ讃岐の最終戦を選んでいただいたことを非常に光栄に思います。地元から離れているカマタマーレ讃岐ファンや香川県出身者にも「グループビューイング」を通じて応援いただくことで、チームとしても非常に励みになり、また香川県全体がより活気づくと思います。そして、継続的に本企画を実施できるようになれば、Jリーグ全体の発展にも寄与すると考えていますので、今回の実証実験のノウハウを是非活かしていただければと思います。

4.今後の展開について

 引き続き実証実験を実施することで得られるノウハウや技術的な課題をもとに、「グループビューイング」の拡大に向け、より快適にスポーツを観戦できるICT環境の整備やビジネススキームについて、両社で共同検討を進め、カラオケルームとスポーツチャネルを融合した新たなサービスメニュー化を目指します。

※1:「DAZN(ダ・ゾーン)」は、Perform Groupが提供するサービスで、年間7,500以上の試合という今までにない数のスポーツを、ライブ&オンデマンドで楽しむことができるスポーツ・チャンネルです。詳細については、http://www.dazn.com/をご覧ください。