DKリポート

2017年5月22日
「第1回 Enjoy Aging Award」
企業賞“みんなでできる楽しい健康づくり賞”
受賞のお知らせ

 株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、老若男女がアクティブに活動するための「しくみ」を持つ企業として、「第1回 Enjoy Aging Award」企業賞“みんなでできる楽しい健康づくり賞”を受賞しました。

 「Enjoy Aging Award」は、超高齢社会を迎えている日本において、年齢や性別などにこだわらずにアクティブに活動するための「しくみ」を持つ企業や未来に向けての「しくみ」を創出している企業、ナレッジを活かして自分らしく積極的に活動している個人を表彰し、ロールモデルとして広く紹介・応援することを目的としています。
 当社を含む約70社の企業が加盟する「未来社会創造コンソーシアム」の主催により、本年第1回目を開催。有識者による審査会が4月に実施され、そこで企業部門2社、個人部門1名が選出されました。

 当社が受賞した企業賞“みんなでできる楽しい健康づくり賞”では、「うたと音楽」を活用して、シニアのみならず、誰もが楽しみながら継続できる健康づくりを推進していること、その効果について産学で検証を行い、全国各地にその取り組みが着実に広がっていること、また、「音楽健康指導士」の育成にも注力していることが評価されました。
 5月18日に日本工業倶楽部(東京都・千代田区)で行われた授賞式では、当社執行役員エルダー事業開発部長 戸塚圭介が、高齢者の健康づくりや介護予防に向けた取り組みに関する活動報告を行いました。

“みんなでできる楽しい健康づくり賞”表彰記念盾

「第1回 Enjoy Aging Award」授賞式 活動報告の様子

 当社は、2001年より、エンターテインメントとレクリエーションを統合した健康維持と介護予防に役立つ生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」を開発、その普及に努めてきました。現在、全国21,000カ所以上の介護施設や自治体関連施設で利用されています。
 この受賞を励みとし、健康寿命の延伸の実現に向けて「うたと音楽」の持つ力を最大限に活用して、明るく楽しい超高齢社会を支援します。

このページのTOPに戻る