ニュースNews
ニュースリリース
2018年11月21日
株式会社第一興商

カラオケ市場シェアNo.1の通信カラオケDAMが発表
「平成最後の年末」にカラオケシーンを振り返ろう
DAM平成カラオケランキング
~楽曲別1位は「ハナミズキ」、歌手別1位は浜崎あゆみ~

 株式会社第一興商は、「平成最後の年末」に合わせて、通信カラオケDAMがサービスを開始した1994年(平成6年)4月から2018年(平成30年)10月までのデータを集計し、「DAM平成カラオケランキング」として発表します。

≪Topics≫

■DAM平成カラオケランキング

<楽曲別ランキング TOP50>
 平成で最も歌われた楽曲は、2004年(平成16年)リリースの一青窈「ハナミズキ」となった。徳永英明やMay J.など数多くのアーティストにカバーされており、世代や性別を問わず親しまれている。TOP50のうち、J-POPは39曲、演歌は11曲となった。

<歌手別ランキング TOP10>
 平成で最も歌われた歌手は、“平成の歌姫”こと浜崎あゆみとなった。2位は、ダンス&ヴォーカルグループ・EXILE。なお、“昭和の歌姫”こと美空ひばりは、8位にランクインした。

<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>
 坂本冬美の「また君に恋してる」が、2010年(平成22年)に演歌で唯一年別ランキング1位を獲得。2003年(平成15年)と2004年(平成16年)にはSMAP「世界にひとつだけの花」が、2008年(平成20年)と2009年(平成21年)にはGreeeen「キセキ」が、2011年(平成23年)と2012年(平成24年)にはAKB48「ヘビーローテーション」がそれぞれ2年連続1位を獲得した。

<月間1位獲得数ランキング TOP10>
 1994年(平成6年)から2018年(平成30年)の間で、月間ランキング1位になった回数の多い上位10曲を抽出。
 1位に輝いたのはAKB48の「ヘビーローテーション」で、月間1位を22回獲得。

 当ランキングは、当社が提供する通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出しました。DAMは、全国のカラオケ設置店舗・施設におけるシェアNo.1の業務用通信カラオケ機器です。

■楽曲別ランキング TOP50

 調査期間:1994年4月~2018年10月 株式会社第一興商通信カラオケDAM調べ

順位 曲名 歌手名
1ハナミズキ一青窈
2小さな恋のうたMONGOL800
3残酷な天使のテーゼ高橋洋子
4天城越え石川さゆり
5チェリースピッツ
6世界に一つだけの花SMAP
7StoryAI
8キセキGReeeeN
9I LOVE YOU尾崎豊
10涙そうそう夏川りみ
11北の旅人石原裕次郎
12TSUNAMIサザンオールスターズ
13酒よ吉幾三
14北空港浜圭介・桂銀淑
15居酒屋五木ひろし・木の実ナナ
16シングルベッドシャ乱Q
17純恋歌湘南乃風
18粉雪レミオロメン
19コブクロ
20ORANGE RANGE
21栄光の架橋ゆず
22奏(かなで)スキマスイッチ
23ふたりの大阪都はるみ・宮崎雅
24つぐないテレサ・テン
25未来予想図ⅡDREAMS COME TRUE
26タッチ岩崎良美
27愛唄GReeeeN
28雪の華中島美嘉
29中島みゆき
30時の流れに身をまかせテレサ・テン
31Lovers AgainEXILE
32銀座の恋の物語石原裕次郎・牧村旬子
33なごり雪イルカ
34愛が生まれた日藤谷美和子・大内義昭
35アゲハ蝶ポルノグラフィティ
36津軽海峡・冬景色石川さゆり
37三日月絢香
38サウダージポルノグラフィティ
393月9日レミオロメン
40天体観測BUMP OF CHICKEN
41桜坂福山雅治
42さくらんぼ大塚愛
43fragileEvery Little Thing
44AM11:00HY
45HOWEVERGLAY
46島人ぬ宝BEGIN
47みだれ髪美空ひばり
48EverythingMisia
49愛のうた倖田來未
50離したくはないT-BOLAN

■歌手別ランキング TOP10

 調査期間:1994年4月~2018年10月

順位 歌手名
1浜崎あゆみ
2EXILE
3Mr.Children
4GLAY
5サザンオールスターズ
6倖田來未
7北島三郎
8美空ひばり
9B'z
10五木ひろし

■年別ランキング1位楽曲(1994年~2018年)

 調査期間:1994年4月~2018年10月
 調査方法:通信カラオケDAMにおいて、1994年から2018年までの各年で年間ランキング1位を獲得した楽曲

曲名 歌手名
1994年(平成6年)イノセントワールドMr.Children
1995年(平成7年)ズルい女シャ乱Q
1996年(平成8年)I'm proud華原朋美
1997年(平成9年)CAN YOU CELEBRATE?安室奈美恵
1998年(平成10年)White LoveSPEED
1999年(平成11年)Automatic宇多田ヒカル
2000年(平成12年)TSUNAMIサザンオールスターズ
2001年(平成13年)fragileEvery Little Thing
2002年(平成14年)小さな恋のうたMONGOL800
2003年(平成15年)世界に一つだけの花SMAP
2004年(平成16年)世界に一つだけの花SMAP
2005年(平成17年)ORANGE RANGE
2006年(平成18年)青春アミーゴ修二と彰
2007年(平成19年)三日月絢香
2008年(平成20年)キセキGReeeeN
2009年(平成21年)キセキGReeeeN
2010年(平成22年)また君に恋してる坂本冬美
2011年(平成23年)ヘビーローテーションAKB48
2012年(平成24年)ヘビーローテーションAKB48
2013年(平成25年)女々しくてゴールデンボンバー
2014年(平成26年)Let It Go~ありのままで~松たか子
2015年(平成27年)R.Y.U.S.E.I.三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2016年(平成28年)海の声浦島太郎(桐谷健太)
2017年(平成29年)星野源
2018年(平成30年)Lemon米津玄師

■月間1位獲得数ランキング TOP10

 調査期間:1994年4月~2018年10月
 調査方法:1994年4月~2018年10月までの各月月間1位を獲得した回数を集計

順位 曲名 歌手名 月間1位獲得回数
1ヘビーローテーションAKB4822
2キセキGReeeeN17
3涙そうそう夏川りみ13
4女々しくてゴールデンボンバー12
5Let It Go~ありのままで~ 松たか子9
5ORANGE RANGE9
5星野源9
8Lemon 米津玄師8
8世界に一つだけの花 SMAP8
8恋するフォーチュンクッキー AKB488
11中島みゆき7
12R.Y.U.S.E.I.三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE6
12海の声 浦島太郎(桐谷健太)6
12三日月 絢香6
12純恋歌 湘南乃風6
16また君に恋してる 坂本冬美5
17First Love 宇多田ヒカル4
17LOVEマシーン モーニング娘。4
17TSUNAMI サザンオールスターズ4
17さくら(独唱) 森山直太朗4
17亜麻色の髪の乙女 島谷ひとみ4
17愛唄GReeeeN4
17前前前世 (movie ver.) RADWIMPS4