サステナビリティSustainability

ガバナンス

当社グループは、すべてのステークホルダーから信頼される企業を目指します。

■コーポレート・ガバナンス

・コーポレート・ガバナンスの基本方針

当社及び当社の子会社(以下「当社グループ」という)は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を経営の重要課題と考えております。この課題を達成するためには、1. 株主様やお客様をはじめ、取引先、従業員等のすべてのステークホルダーとの信頼関係を醸成することが不可欠であり、2. 併せて「もっと音楽を世に、もっとサービスを世に」の社是に則り、お客様のご満足を頂き、お客様と当社グループの共生に繋がるサービス・商品を提供することにより、長期安定的な成長を実現してゆくことが重要と考えております。当社グループは、このような考え方のもとに、自らの行動指針として「第一興商グループ行動規範」を策定し、公表しております。さらに、重要課題の達成を一層推し進めるために、当社グループは東京証券取引所の規定する「コーポレートガバナンス・コード」の主旨を尊重し、様々な施策をもってより強固なコーポレート・ガバナンスの構築を目指してまいります。

「コーポレートガバナンス報告書」

・内部統制システムの整備状況

当社および当社グループの経営戦略や事業目的を、法令に則り、機動的かつ組織的に遂行するべく「内部統制システム整備の基本方針」を定め、グループ全体で内部管理体制を整備・構築し、運用しています。

「内部統制システム整備の基本方針」

■コンプライアンス

当社および当社グループは、法令に適合した事業活動を遂行するべく「グループ行動規範」を定めています。
またコンプライアンスの基本マニュアルに基づき、内部統制推進室が役員および従業員に対して各種研修を行っているほか、監査部が法令遵守の状況を定期的に監査し、その結果を取締役会および監査役会に報告しています。
さらに法令違反の発生を防止するべく内部通報制度を設けるとともに、通報者の保護を徹底しています。

「第一興商グループ行動規範」

■リスクマネジメント

当社および当社グループは「グループリスク管理基本規程」に基づき、グループリスク・コンプライアンス委員会を中心に、リスクの軽減・発生防止に努めています。
重大な損害の発生が予測される場合には速やかに取締役会に報告するほか、新たなリスクが生じた際には、代表取締役社長が示達、対応責任者となる取締役を定めるなど、迅速に対応できる体制を構築しています。
また緊急事態が発生した際は、「グループ危機管理規程」に基づき、代表取締役社長を本部長とする危機管理対策本部を設置し、円滑な指揮系統を確立するなど、損失を最小限に抑えるよう努めています。
さらに経営リスクをはじめとする各種リスクの調査・分析を毎年実施することで、リスクに対応できる体制を整備しているほか、グループ全体のリスク評価および管理運用について監査部がモニタリングしています。

■情報セキュリティ

当社および当社グループは株主様やお客様をはじめ、取引先、従業員の個人情報を適切に取り扱うことを重大な責務と認識し、「個人情報保護方針」および「個人情報の取扱いについて」を定め、個人情報の保護に関する法律および関連する政省令、ガイドライン等を遵守致します。

「個人情報保護方針」

「個人情報の取扱いについて」

■知的財産への取り組み

当社グループは、社是である「もっと音楽を世に もっとサービスを世に」に基づき、すべてのステークホルダーに貢献するために、新商品・新サービスの研究開発に取り組んでいます。そして、これを具現化する過程で生まれた発明などを知的財産として適切かつ確実に保護することで企業価値を向上させていきます。

・当社グループが保有する知的財産権

当社グループは、特許・商標・意匠のほかカラオケ音源やレコード子会社が保有する音楽出版権などの著作隣接権を保有しています。

・知的財産権の適切かつ確実な保護

当社グループは、自らが保有する知的財産権を保護し有効に活用するための体制を整えるとともに、第三者による侵害を監視し、必要な場合には法的措置をとります。
事業活動にあたっては第三者の有効な知的財産権を侵害することのないようリスクを管理します。

TOPに戻る