採用情報 Recruit

ススメ!ルーキーズ!!

商品開発部 総合数理学部卒HY

第一興商に決めた理由

 私は、「人に楽しんでもらえるものを作りたい」という思いでエンターテインメント業界や玩具業界を中心に就職活動を行っていました。また、カラオケが好きで、当時はカラオケをテーマに卒業研究を行っていました。卒業研究を進めつつ、なかなか就職先が決まらず悩む日々が続いていました。就職サイトを見ていると、ふと『第一興商』と『DAM』の文字を見つけ、エンターテインメント業界かつ自分の趣味にも当てはまると思い、会社説明会に参加しました。説明会や面接を通して、「自分の大好きなカラオケを使って人を楽しませることができる」と感じ、入社を決意しました。

現在、どんな仕事をしていますか?

 現在は商品開発部に所属し、新商品の企画立案を行っています。DAM・デンモク・マイク等の機械は数年に一度新商品が発売されるため、その都度新商品の企画を行います。どんなコンテンツや機能があったらカラオケをより楽しんでもらえるか、どんなデザインなら使いやすくなるかを検討し、商品化をしています。最新機種の開発にも企画段階から携わることができ、自分たちで作り上げたDAMが世の中に出たときは、達成感でいっぱいになりました。
商品企画の0の部分から関わることのできるので、とてもやりがいのある仕事です。

厳しい、難しいと感じる時は?

 カラオケBOXだけではなく、たくさんのターゲットに向けて企画開発を行うことです。カラオケBOXはもちろん、スナック、居酒屋等のナイト店には「使いやすく、楽しい商品」を、商品を販売する営業社員には「提案しやすい商品」になるように考えて企画を進めなければいけません。入社当時は、「自分たちが楽しめる商品」だけを考えて提案をしていましたが、多世代にわたって必要だと感じさせるものを提案しなければ企画はなかなか通らず、思い通りにはいきませんでした。企画で大切なことは話し方、伝え方。それによって相手の受け止め方も大きく変わるものだと、商品企画を通して学びました。また、商品企画は1人で成り立つものではなく、さまざまな部署の人と関わって成り立っています。
技術力があることはとても大切なことですが、それ以上に人とのコミュニケーションは大切だと思っています。

第一興商の魅力

 第一興商は、音楽で人を楽しませることのできる会社です。また、技術や知識がなくても「カラオケが好き」「音楽が好き」という気持ちが何よりも大切です。
 音楽業界では、ライブ配信やサブスクが普及し、音楽としての形がどんどん変わりつつあります。それに伴い、カラオケの形も変化させていくチャンスだと思っています。第一興商で、一緒にカラオケをもっと面白いものに変えていきましょう!

TOPに戻る