サステナビリティSustainability

社会 <感染症対策>

<新型コロナウイルス感染拡大に対する当社の取り組み>

当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大の防止に努め、お客さまと従業員の安全を最優先に考えながら、安心してカラオケを楽しんでいたただくための取り組みを行っております。

・新型コロナウイルス感染予防対策

お客さまと従業員の安心・安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年4月緊急事態宣言の発出に伴いビッグエコーをはじめとする全店舗の臨時休業を実施。営業再開後は、検温の実施、手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保、入店人数制限など、全店舗で「新しい生活様式」に基づく感染症対策を実施しています。来店者の多い一部店舗ではAIにより体温を自動検知する「SenseThunder-Mini」(0.5秒で±0.4℃の精度で体温検知)を導入して、お客さまをスムーズにご案内できる体制を整えました。

感染予防取り組みPOP

検温システム

・雇用の維持

当社グループでは、コロナ禍において従業員・アルバイトの雇用を維持することを重視しています。
従業員・アルバイトに対しては、緊急事態宣言に伴う休業期間中、休業手当を支給しております。

・ウィズコロナ時代に対応した新たな事業活動

◇Webを活用した営業活動
新型コロナウイルス感染拡大を受け、お客様と直接対面した営業活動が困難な状況となっております。
特にエルダー市場の施設は高齢者が多く、訪問による感染リスクが高いため、オンラインシステムやYouTubeなどを活用した営業活動を行っています。

「DK ELDER CHANNEL」(2020年7月開設)

◇新機能「マスクでうたう」
新しい生活様式に対応したカラオケの新機能「マスクでうたう」を2020年9月より開始いたしました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクをつけて歌っても歌声がこもらず、カラオケを楽しむことができます。

◇バーチャルレストラン(デリバリー専門店)の運営
本格的な味をご自宅で気軽にお楽しみいただけるデリバリー専門店の展開に注力し、多彩なブランドを展開しています。今後も既存店舗の厨房を有効活用し、お客さまのニーズに合わせたサービスを提供することで、新規顧客の開拓に努めてまいります。

<デリバリー専門店一覧>

・新型コロナウイルス対策に関する支援活動

当社グループが運営するカラオケルーム「ビッグエコー」とフランチャイズ展開する「カラオケCLUB DAM」全店*において、新型コロナウイルス対策などの医療をはじめとしたさまざまな活動を支援のため、4月1日から6月30日の期間限定で、一部メニュー1品のご注文につき30円を日本赤十字社に寄付する活動を実施しました。

*一部店舗を除く

・新型コロナウイルス感染拡大に対する当社の危機管理について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「グループ危機管理規程」の方針に基づき、「新型コロナウイルス対策本部」を設置。
「対策本部会議」を開催し、主管部署の担当部室長から想定されるリスクや課題等の情報を共有、情勢の変化にあわせた対策を実施しております。

TOPに戻る