サステナビリティSustainability

社会 <社会貢献>

当社グループは、主業であるカラオケ事業およびビッグエコーをはじめとした全国に展開する店舗を活かし、さまざまな社会貢献活動を行っています。

■災害復興支援活動

・東日本大震災

<カラオケカーの派遣および音楽健康セッションの実施(Sing for Smileプログラム)>
東日本大震災の被災者に対する支援活動として、国連の友Asia-Pacific(Friends of the United Nations Asia-Pacific)が展開する"Friends of the United Nations Sing for Smile Program"に協力し、カラオケカーを被災地の仮設住宅に派遣及びDKエルダーシステムを活用した音楽健康セッションを実施し、医療団による巡回医療活動をサポートいたしました。(期間:2012年1月21日〜2017年3月31日)

活動実績

・平成28年熊本地震

<仮設団地内集会所「みんなの家」での健康維持・増進への協力>
熊本県、NTT西日本、当社の取り組みで、仮設住宅入居者向けにICTを活用した「歌と健康サービス」を仮設団地内集会所「みんなの家」へ導入し、仮設住宅の方々に寄り添った健康維持・増進活動を支援いたしました。当社は被災者の方が少しでも元気になっていただけるように、DKエルダーシステムを活用した高齢者の方を対象とした音楽健康セッションを実施いたしました。(実施期間:2016年9月~2017年10月)

■カラオケ・飲食店舗を活用した支援活動

・東日本大震災

ビッグエコー及び飲食店舗全店では、被災地向け義援金に充てられる「東北関東応援メニュー」(実施期間:2011年4月~2011年8月31日)の提供と店頭での募金活動を実施し、約1,900万円の義援金を日本赤十字社を通じて被災地の皆様に寄付いたしました。また、避難生活を余儀無くされている方々に、カラオケを楽しんでいただき笑顔と活力を取り戻していただくため、避難支援施設等へ、ビッグエコー特別御招待券を配布いたしました。

・平成28年熊本地震

ビッグエコー熊本下通り店では、『くまモンのおへや』売上金の5%を熊本県「熊本地震義援金」に、『熊本城くまモンのおへや』売上金の5%を熊本市「熊本城災害復旧支援金」にそれぞれ寄付いたしました。(実施期間:2018年3月1日〜2019年2月28日)
熊本地震義援金/325,019円
熊本城災害復旧支援金/293,283円

■義援金・支援物資

内容

実施

金額

フィリピン、ピナツボ火山の大噴火に伴う復興支援義援金

1991年

1億円

中国、楊子江下流の大洪水に伴う復興支援義援金

1991年

2億円

雲仙普賢岳の大噴火に伴う復興支援義援金

1991年

1,400万円

阪神・淡路大震災に伴う支援物資の協力

1995年


宮崎県口蹄疫被害に伴う義援金

2010年

3,000万円

東日本大震災に伴う復興支援義援金

2011年

1,300万円

平成28年熊本地震に伴う「ふるさとくまもと応援寄附金」

2016年

1億円

世界遺産「首里城」火災に伴う義援金

2019年

1,500万円

■募金活動

ビッグエコー及びFC展開するカラオケCLUB DAMでは、地震や台風などで被災された皆さまの支援のため、店舗のレジカウンターに募金箱を設置し、お客様からの募金を受付けています。お預かりした義援金は日本赤十字社を通じて被災地へ寄付しています。

災害名

実施期間

募金額

東日本大震災

2011年3月25日~5月8日

5,212,569円

ネパール大地震

2015年5月11日~7月15日

1,434,561円

平成27年台風18号等大雨災害

2015年9月14日~11月15日

1,245,472円

平成28年熊本地震

2016年4月18日~5月31日

5,907,363円

平成29年7月九州北部豪雨災害

2017年7月12日~8月15日

1,752,559円

平成30年7月豪雨災害

2018年7月10日~8月19日

3,928,907円

平成30年北海道胆振東部地震

2018年9月11日~10月14日

1,617,609円

令和元年8月豪雨災害

2019年9月10日~2019年10月20日

1,365,542円

令和元年台風第15号千葉県災害

2019年9月20日~2019年10月20日

864,926円

令和元年台風第19号災害

2019年10月21日~2019年11月20日

1,592,719円

令和2年7月豪雨災害

2020年7月10日~2020年8月10日

1,377,224円

■災害発生時の支援

・災害時帰宅支援ステーション

大規模災害の発生で電車やバスなどの公共交通機関が運行を停止した場合、たくさんの方の帰宅が困難になることが予想されます。万が一、大規模災害が発生した際には、ビッグエコー全店で水道水やトイレ、休憩場所、電源、Wi-Fi、知り得る道路情報等の提供を行います。この方針に基づき現在、九都県市首脳会議【防災・危機管理対策委員会】(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)および関西広域連合(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)と災害時帰宅支援ステーションの協定を締結しています。

2021年6月末現在 511店舗

■子どもの健全育成支援

・NPO法人「放課後NPOアフタースクール」

◇寄付金
全国の大学生とビッグエコースタッフから公募した「みんなの考えたメニュー」の売上金の一部(メニュー1品につき30円)を、すべての子どもたちに安全で豊かな放課後を届けるNPO法人「放課後NPOアフタースクール」に寄付しました。

(第1弾)
実施期間:2018年9月12日から11月30日
寄付金総額:1,221,720円

(第2弾)
実施期間:2019年5月1日から6月30日
寄付金総額:2,261,250円

「放課後NPOアフタースクール」

◇音楽プログラム体験
2019年4月上旬に2か所のアフタースクールで、当社グループのレコード会社である日本クラウン所属のアーティストMiiさんが歌とダンスを一緒に楽しむ音楽プログラムを当社のカラオケを利用して実施しました。当日は、40名の子どもたちが参加し、みんな楽しそうに音楽とふれあいました。
当社グループは、さまざまな音楽プログラムを通じて子どもたちの健全育成に貢献しています。

「プロの歌手と一緒に歌おう!音楽プログラム」

■働き方改革への貢献

・テレワーク推進への取り組み

ビッグエコーでは、国が推進する働き方改革の一助となることを目指し、カラオケルームをテレワークなどのワークスペースとして活用できる「テレワークプラン」を2017年4月より首都圏27店舗で提供をスタートいたしました。 ビジネス利用としての利便性が高く、「首都圏以外でも利用したい」というお客様からのご要望もあり、2019年4月より導入店舗を49店舗に拡大、2019年10月からは全店に導入いたしました。
「ビッグエコーでテレワーク」の強みは、駅から近い店舗が多数あり、完全個室で集中しやすい環境にあります。
本プランの無料サービスとして、ソフトドリンク飲み放題のほか、Wi-Fiによるインターネット環境、ワークスペースに必要な電源タップ、HDMIケーブル(一部店舗)を用意しています。また、法人様向けに請求書一括払いが可能な無料アプリのサービスもあります。

*葛西店を除く

※「ビッグエコー」には、カラオケマックなどの他ブランドを含みます。

TOPに戻る