採用情報 Recruit

制作職

カラオケDAMの開発 ネットワークの構築やアプリ開発 次世代を担う最先端のシステム開発を担う仕事!

-どのようなときに仕事のやりがいを感じていますか

 自分が制作に携わった映像がカラオケへ配信されたときです。
 カラオケに行った際に、担当している「DAM CHANNEL」や、アニメ主題歌にアニメ本編から編集した映像が背景映像で流れているのを目の当たりにした時に充実した気持ちになります。
 また、当社が展開するSNS用に制作した映像に対してポジティブな意見を頂戴したときにもやりがいを感じます。

-仕事をする上で、最も大切にしているものは何ですか

 番組を制作する上で最も重要なことは、『信頼』だと思います。
 自分が携わっている「DAM CHANNEL」という番組の収録では、レーベルやアーティストなどとの綿密なやりとりが欠かせません。
 1度の収録で多数のアーティストに出演していただきます。その際に参加されるアーティストの収録時間や台本の調整を行います。過去に、ご出演されるアーティストからいただいた希望の収録時間を勘違いしてしまい、まったく異なる時間で収録を組んで連絡をしてしまいました。もちろんその際に先方からご指摘を受け、運よく収録時間を再調整することで希望時間の中で組むことができました。この経験から、確認することの大切さを学び、これを徹底しています。
 また、アーティスト側の希望の時間や映像内容をしっかり聞き、できる限り理想に近づけることで共に良いものを作ることができます。このように要望をしっかり聞くことで信頼を得られると思います。相手があっての仕事のため、この信頼が重要だと感じています。

HISTORY

2018年 4月入社。
エンターテインメント事業本部 コンテンツ制作部 映像課へ配属。

<業務内容>
「DAM CHANNEL」制作・進行管理
背景映像をはじめとしたカラオケ映像コンテンツの制作ディレクション
社内会議用映像資料の進行管理・映像制作

 私は高校時代、音楽に興味を持っていたため、音楽を学ぶことができる大学へ進学をしました。芸術学部だったため音楽だけでなく、さまざまな芸術の分野を学ぶことが可能でした。大学3年生のときに映像が変わることで音楽の伝わり方も変わることに衝撃を受け、映像についても本格的に学び始めました。そこで私は、映像を扱うことのできる会社を探して就職活動を開始しました。音楽を学んだ経験も無駄にしたくなかったため、映像と音楽どちらも不可欠なものはカラオケだと思い、当社と出会いました。
 会社説明会に参加した際、説明担当の方の中に映像チームに所属されている社員さんとお話しできる時間があり、入社3年目で映像編集や撮影に携わっていることをお聞きしました。他にも、就活生からはなかなか聞きづらい福利厚生や会社の雰囲気も話してくれました。自分のやりたい映像や音楽の仕事をやれて、かつ福利厚生が良いことが入社の決め手となりました。

-「DAM CHANNEL」チームの課題解決に向けてどのように動いていますか

 常により良い番組に進化していくように制作しています。そのために毎収録後にはMCさんやスタッフさんとのフィードバックミーティングを行っています。その中で課題や問題点も出てくるので、良いものは継続し、良くなかったものは何がダメだったのか、どうするべきだったのかを徹底的に話し合うことで、解決へとつながるようにしています。その成果がクオリティの高い番組になっているのだと考えます。


-仕事をする上で大切にしている事、もしくは大事なスキルは何ですか

 部署をまたいで社内のスケジュール調整を行うので、全体の動きを把握し、誰がいつ、どんな情報が必要かを考えています。円滑な作業進行が行えるように、誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを取ることも大切にしています。
 些細な認識の違いや情報共有の漏れから、大きな問題や作業ミスが発生することがあるので、課内の意思疎通をしっかりするよう心掛けています。

-これまで携わってきたプロジェクトや課題でやりがいを感じる事はありますか

 アニメを好きなことがきっかけで「DAMアニメ部」という社内プロジェクトの一員として携わらせていただいています。ユーザーに寄り添った情報を発信できるよう、SNS投稿を考えたり、カラオケ配信リクエストを実施したりと、自分の好きなことを生かした業務を行えることにやりがいを感じています。

HISTORY

2020年4月 入社。
エンターテインメント事業本部 制作管理部 進行課へ配属。

<業務内容>
カラオケ楽曲・映像の制作および配信スケジュール調整

 元々音楽が好きで、音楽を誰でも楽しめる場を提供しているカラオケ事業に興味を持ったのが入社のきっかけです。そして就職活動中、社内見学をした際に、社員の皆さんが生き生きと働いていたのが印象的でした。入社後も社内はその印象どおりで、上司や先輩方は相談しやすく、自分の意見も伝えやすい環境だと思いました。

-今後仕事をしていく上での目標はありますか

 漠然とした目標になりますが、好きなものや好きな音楽が多様化している中で、より多くの人がストレスなく、カラオケをとおして自分の好きなことを楽しめるような取り組みを行っていきたいと思っています。

TOPに戻る