ニュースNews
ニュースリリース
2020年08月03日
株式会社第一興商

“何曲しってる?次のブームをつくるオト”
必聴プレイリスト「BOOM BOOM BOOM」
楽曲やアーティストの情報を9月より毎月紹介

 株式会社第一興商は、株式会社スペースシャワーネットワークが公開するプレイリスト「BOOM BOOM BOOM」を、エンターテインメント情報コンテンツ「DAM CHANNEL」*1やカラオケリクエストコマンダー・デンモク*2にて9月より毎月紹介します。

 「BOOM BOOM BOOM」は、“何曲しってる?次のブームをつくるオト”をキャッチコピーに、今後の音楽シーンでブームを巻き起こすであろうアーティストの楽曲を厳選して毎月お届けするプレイリストです。日本の主要音楽ストリーミングサービス12社*3で視聴可能で、恒常的にストリーミングサービスを横断して展開するプレイリストは世界でも「BOOM BOOM BOOM」だけです。

 本日公開のプレイリストでは、昨年12月リリースの「夜に駆ける」が音楽ストリーミングサービスで総再生回数1億回を突破し注目を浴びるYOASOBIの新曲「たぶん」や、男女混合4ピースポップロックバンド・緑黄色社会の新曲「夏を生きろ」を含む全22曲がピックアップされています。

 通信カラオケDAMにおいてカラオケ演奏の曲間に配信しているエンターテインメント情報コンテンツ「DAM CHANNEL」とカラオケリクエストコマンダー・デンモクでは、 9月より本プレイリストの楽曲やアーティストの詳細情報を紹介します。
 プレイリストの楽曲は、通信カラオケDAMで歌うこともできます*4

 また、8月中旬より新たに公開される新人応援プレイリスト「STARTERS MATCH」ともコラボレーションします。
 第1弾に登場する10組のアーティストのプレイリストをDAMで歌唱すると、それぞれのアーティストに歌唱ポイント*5が付与されます。このポイントと、ストリーミングサービスの再生回数との合計数により、上位3組のアーティストが、10月29日開催予定の配信イベント「BOOM BOOM BOOM LIVE vol.1」に出演することができます。
 お気に入りアーティストの楽曲をDAMで歌い、応援してみてはいかがでしょうか。

 次世代アーティストを先取りできるプレイリストを、DAMでぜひチェックしてください。

*1 LIVE DAM Aiで流れる「DAM CHANNEL」のみで配信

*2 対象機種は、SmartDAM Ai/SmartDAM L/SmartDAM/デンモクiDS2

*3 Apple Music、Amazon Music、AWA、うたパス、KKBOX、Spotify、SMART USEN、dヒッツ、YouTube Music、LINE MUSIC、Rakuten Music、RecMusic

*4 楽曲によって配信機種は異なります。

*5 歌唱度数を基に算出した独自のポイントです。なお、楽曲によって配信機種は異なります。

■関連サイト

BOOM BOOM BOOM:https://bbb.spaceshower.jp/