ニュースNews
ニュースリリース
2021年3月8日
株式会社第一興商

カラオケルーム・ビッグエコーの換気調査実施
■カラオケルーム内の空気は速い速度で外気と入れ替わる
■ルーム内に浮遊する粒子は速い速度で減少する
一般的な家庭やオフィスに比べ、換気性能が非常に高いことを実証

 株式会社第一興商は、一般社団法人クリーンエア*1(以下、クリーンエア)と慶應義塾大学(以下、慶應大学)理工学部 奥田知明教授の協力を得て、ビッグエコー浜松町駅前店における換気状況の調査を実施しました。その結果、ビッグエコーの換気性能は非常に高く、空気は速い速度で外気と入れ替わること、ルーム内に浮遊する粒子は速い速度で減少することが確認できましたのでお知らせします。

測定機材設置の様子(ルーム818)
ドライアイスによるCO2散布の様子(ルーム818)

1.背景

 政府の発表やメディアの報道で、“カラオケ店は換気の悪い密閉空間”といわれており、多くのカラオケユーザーが利用を控えている状況が続いています。ウイルスの感染予防において「換気」は空中に浮遊するウイルスを物理的に排除する有効な手段です。
 そこで当社は、カラオケルームの換気状態を科学的に検証する目的で、ビッグエコーにおける換気システムを調査*2しました。

2.調査概要

 2020年12月5日、慶應大学 理工学部 応用化学科 奥田知明教授のもと、ビッグエコー浜松町駅前店の3ルーム(818ルーム:最大定員数29名/室容積64.1㎥、823ルーム:最大定員数10名/室容積31.1㎥、820ルーム:最大定員数5名/室容積13.3㎥)にて、下記2通りの換気状況に関する調査を行いました。*2

3.調査結果

■入室人数をコントロールすることで、密閉空間に当たらない良好な換気状態を保てる

 換気状態に言及するには、「その空間に何人いるか」を含めて考えることが極めて重要です。換気回数が基準を満たしていても、その空間にいる人数が多くなると感染リスクは高まります。
 そこで、調査概要①「室内CO2濃度測定」から得た換気回数の実測値を使用し、厚生労働省が示すCO2濃度1,500ppm(学校保健法)および1人当たりの換気量30㎥/1h(空気調和・衛生工学会規格)を同時に満たす、各ルームの入室人数の上限値を推算*4しました。その結果、818ルームは11人(最大定員数29名)、823ルームは6人(最大定員数10名)、820ルームは3人(最大定員数5名)となりました。

ビッグエコー浜松町駅前店 換気状況調査結果
実験条件 CO2濃度計測の結果 粒子濃度計測の結果 CO2濃度計測の結果を
活用したシュミレーション
ルーム 最大定員数 室容積 換気回数[1]
(実測値)
客室の空気が外気と
入れ替わる時間[2]
換気回数[3]
(実測値)
客室に粒子が浮遊
している時間[2]
入室の上限人数
(30㎥/h×人)[4]
818 29名 64.1㎥ 5.6回/1時間 約10分42秒 56.5回/1時間 約1分間 11人
(32.6㎥/h×人)
823 10名 31.1㎥ 7.1回/1時間 約8分27秒 20.5回/1時間 約3分間 6人
(36.8㎥/h×人)
820 5名 13.3㎥ 7.9回/1時間 約7分35秒 129.7回/1時間 約28秒間 3人
(35.0㎥/h×人)
【補足】

4.クリーンエアの見解

 今回の調査結果から、ビッグエコー浜松町駅前店のカラオケルームの換気性能は高いことが明らかとなりました。さらに、入室人数をコントロールすることで「1人当たり毎時30㎥以上の換気量」が保たれ、厚生労働省が示す「換気が悪い空間」すなわち「密閉空間」に当たらない良好な換気状態を維持できることが分かりました。良好な換気は、新型コロナウイルス感染症のリスク低減につながります。
 しかし、新型コロナウイルスの感染を防ぐためには換気対策に加えて、複数の対策を組み合わせる必要があります。今後は、良好な換気に加え、飛沫感染および接触感染に配慮した対策を科学的に検証・検討し、安全な場所を提供していくことが期待されます。

5.今後について

 ビッグエコーでは、安心・安全に店舗をご利用いただけるよう、清掃・除菌、ご利用人数の制限、従業員のマスク着用・手洗い・健康チェックなどの感染予防対策を引き続き徹底することで、万全の体制でお客さまをお迎えします。

■関連サイト

・ビッグエコー https://big-echo.jp/air_clean/
・結果報告詳細 「ビッグエコー浜松町駅前店 個別ルーム内 換気状況調査報告書」
(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授 奥田 知明)
・クリーンエア https://cleanair.or.jp/